老眼

老眼

老眼の始まりその1

みなさんは、目が良いほうですか?
目が良い人は、目の悪い人に、うらやましがられますよね。ですが、目の良
い人のほうが、老眼になりやすいと聞いたことがあります。
そうかと言って、目が悪い方は、眼鏡やコンタクトレンズなど、視力を補助
するために、いつもお金がかかり大変ですよね。また、視力がさらに下がる
ことを予防するために、サプリメントを飲むことや、視力回復のトレーニン
グをする方もいらっしゃいます
さて、目の良い方の中で、40 歳手前でも、すでに老眼が出る方もいらっし
ゃいます。老眼だけは加齢で起こる現象なので、完全には予防できませんか
ら、年齢を重ねるに連れて、老眼になってしまうことは、誰にでも訪れる可
能性があります。
目のピント合わせをしてくれるレンズ、つまり、目の中の水晶体ですが、厚
さを調節する力が年齢と共に弱まってしまいます。レンズの調整がうまく行
かなくなった目は、近い場所が見えにくくなります。
この状態を、老眼と呼んでいますが、年齢的には40 歳前後から出始める老
化現象なのです。

私達の目は、普段、何かを見るとき、その物体に自動的にピントを合わせて
見るようになっています。水晶体の厚みを変えて、薄くしたり厚くしたり、
物に対するピントを合わせる機能が目の中にあります。
老眼になってくると、そのピントを合わせることが可能な範囲が狭くなって
しまうのです。その結果、遠くはピントが合うけれど、近くはピントが合わ
ない状態になります。
老眼

老眼の始まりその2

昔からおばあちゃん達、おじいちゃん達は、近くのものを見るときに、遠く
へと離して見ていましたよね。
みなさんも、おじいちゃんと一緒に暮らしたことがある方はおわかりだと思
いますが、新聞などは、腕を伸ばして出来るだけ遠くに置き、読んでいるの
を、みなさんもご覧になったことがあると思います。
このように、老眼になると、文字を読むためには、遠く離すことが必須とな
ります。見えない文字をがんばって見ていると、頭痛がしてきますし、肩も
凝りますので、老眼鏡を使うことでこれらの症状は予防できるでしょう。
無理して老眼と戦うより、老眼鏡にお世話になってしまったほうが、さまざ
まな体の不調も予防できるでしょう。
初めて老眼が出るのは、40 歳前後ですが、多くの方がこれくらいの年齢で
徐々に老眼を自覚し始めると思います。遠くはよく見えるけれど、近くを見
ていると非常に疲れることも老眼の始まりです。
また、明るいときは近くも見えるのに、薄暗くなると、近いところが見えに
くくなることも老眼です。特に、小さい文字を遠く離すと、はっきりと見え
ることで老眼を自覚する人も多いと思います。

現在の中年の方は、昔の中年の方と違って、とても若いです。女性も美しい
40 代、美しい50 代の方も多いですし、男性もまだまだ素敵に見える歳です。
ですから、私たちは、40 歳では、まだまだ「お年寄り」というイメージは
ありませんよね。ですが、昔から、「老眼、イコール、お年寄り」というイ
メージを、誰でも持っていると思います。
老眼

老眼の始まりその3

そんなこともあり、40 歳前後の方が多少、老眼で見えづらく感じても、老
眼をまだ認めたくないと言う人も多くいらっしゃいます。
「まだ若いのに老眼なんて、恥ずかしい」とか、「自分は、まだ老眼になる
歳ではない」と思う人もいらっしゃるでしょう。
「これは、きっと気のせいだ」と老眼を認めない方が多いです。ですが、老
眼の症状が出始めたら、早めに自覚するべきなのです。
「老眼なのかな?」と思ったら、一度、眼科で診てもらったほうが良いでし
ょう。気のせいだと思って、そのまま放置しておくと、症状が進行してしま
うでしょう。
それを予防するためにも、早いうちに眼科で見てもらって、自分に合う眼鏡
を作ってください。老眼鏡をかけないまま、普段の生活を続けていると、も
ちろん不便ですが、何よりも目に良くないのです。
頭痛や肩凝りをはじめ、吐き気や、めまいの症状を予防するためにも、メガ
ネは必要です。目の状態が悪いまま、慢性化してしまうことは他の症状を起
こしてしまう原因にもなりかねません。
老眼になった方の中には、それまで、目がとてもよくて、めがねやコンタク

トレンズに縁がなかったという人も多いです。ですから、初めて眼鏡を作る
方は、特に自分に合った眼鏡を選ぶべきです。
また、老視矯正レーシックという手術もあります。エキシマレーザーを使い
角膜中心部を遠方に、そして、角膜周辺部を近方に合わせるよう矯正する手
術です。眼鏡は嫌だと言うかたは、現在、こうしたレーシックもあります。
老眼

老眼予防にルテイン

老化現象のひとつとして訪れる老眼は、誰にとっても避けようがありません
が、それを遅らせたり緩やかにさせたりすることは、努力次第ではできると
思います。
老眼を予防したり、視力を回復させたりするには、やはり食生活の改善が一
番良いと思われます。また、食生活が改善されると、眼の疲労も取れますし、
視力が落ちることも予防できます。
ですから、目のためには、食生活を改善して、栄養のバランスを考えて食事
をする、そして、目に良い栄養素を含んだ食品を、積極的に食べましょう。
そもそも老眼は、早い人では、30 代で出てくる人もいるようです。そして、
遅い人で60 代ということですから、老眼を自覚する年齢は実際には、30 代
から60 代と、かなりの幅があります。
近視の方は比較的、老眼になるのが遅いことも、実際にあるようです。です
が、この年齢の差は、生活習慣が関係していたり、毎日の食事が大きく関係
していたりします。
ご存知のように、食生活は人間の健康を保つ基本的なことです。食生活次第
では、どんなに健康な人でも、病気になってしまう可能性があります。

では、老眼予防に効果がある食べ物を、目に良い栄養素には、どんなものが
あるのでしょうか?
これから栄養素と食品をご紹介しますので、老眼を予防したい方や、目の疲
れが激しい方、視力低下を予防したい方は、ご参考にしてくださいね。です
が、いくら体に良いと言っても、同じものばかり食べることはNG です。
栄養が偏ってしまうことは、目にも体にも悪いことですので、目に良い食品
ばかり食べるのではなく、栄養バランスよく食べてください。まずは、第一
に栄養バランスを考えた食事をして、そこに、目に良い食品を取り入れるよ
うにしましょう。
目に良いとされている栄養素、まずは、抗酸化物質です。老化自体を防止す
る効果があると言われている抗酸化物質は、当然、老眼予防にもなります。
ですから、抗酸化物質を摂取し続けると、老眼の発症を遅く出来ると言われ
ているほどです。
なかでもルテインは、強い抗酸化作用がある成分です。水晶体や網膜の中心
に位置している黄斑部を守っている成分でもあります。このルテインが不足
してしまうと、白内障を始め、目の病気が発症しやすくなります。

ホウレンソウや、ブロッコリーなど、色の濃い野菜、緑黄色野菜にルテイン
が多く含まれていますので、老眼を予防したい方は、これらの野菜を積極的
に食べましょう。
それから、コエンザイムも強い抗酸化作用を持つことで知られています。コ
エンザイムが多く含まれている食品は、背の青い魚です。
例えば、イワシ、サバなどにはコエンザイムが多く含まれていますし、ウナ
ギや、牛肉、豚肉、豆などにも含まれています。ですが、コエンザイムは、
食品から摂取できる量は、ほんのわずかだと言われていますので、より効果
的にコエンザイムを摂取したい場合は、食品にプラスしてサプリメントも利
用すると良いでしょう。
老眼

老眼予防にアントシアニン

体に良い栄養素を毎日、摂取することは、健康のための第一歩です。どんな
に体を鍛えていたとしても、毎日の食生活が乱れていれば、やがて病気を引
き起こしてしまいます。
食生活を正しくすることは、体、全体の健康に良いのですから、眼の健康の
ためにも当然、食生活が関係してきます。ですから、栄養バランスが良い食
事をしていれば、老眼も予防できますし、体を健康に保つことできますよね。
目に良い食品と言うと、みなさんが最初にイメージするものは何でしょう
か?
多分、多くの方がブルーベリーを思い浮かべると思います。みなさんがご存
知の、ブルーベリーは、アントシアニンを多く含む果物です。
老眼予防にもなるブルーベリーですが、ポリフェノールの一種である、アン
トシアニンが目に良い効果をもたらす成分です。アントシアニンは、眼の疲
れを改善してくれたり、眼の健康を維持したりする効果があります。ですか
ら、それを多く含むブルーベリーが老眼予防、また、眼精疲労回復、視力回
復にとても効果的なのです。
アントシアニンは、ブルーベリーが一般的に知られていますが、ブルーベリ

ーの場合は特に皮に多く含まれているそうです。また、ブルーベリーのほか
にも、黒豆、ブドウ、あずき、紫芋、赤ワインにも多く含まれています。
ポリフェノール自体が、老化防止効果がありますから、美容やアンチエイン
ジングにも、これらの食品は良いのです。さらに、老眼予防にもなりますか
ら、これらの食材を積極的に取り入れた食事をしましょう。

 

老眼